2019年09月27日

執着するココロ。それを手放すココロ。

手に入れたいものが、手に入らなかったとき。

好きだったあの人が、振り向いてくれなかったとき。

両想いになれたのに、あなたのもとを去っていったとき。



「あきらめる」という決断をするというのは、相当しんどい感情ですよね。

だって、それだけ「好き」だったわけですから、

そのつらさは、痛いほど共感できます。

ココロが張り裂けそうな状態は、ご飯が喉を通らないだけでなく、

あなたの「これまでのあたりまえの日常生活」にまで影響を及ぼします。

ふと空虚感、孤独感、絶望感が襲ってくるかもしれませんが、

「いまのわたしは、いつもの自分ではないな」と感じたら、

自分の心地よいペースでよいので、自分を癒してあげましょう。

とっても辛くて、しんどいときは、無理をせずに、

心療内科等の専門機関で、カウンセリングを受けることをお勧めします。



【季節が変われば、ココロも変わる。うきうきアイテム見つけてみましょう。】



さて、大好きな人のことを1日中考えていたり、相手の行動を勝手に想像し、

不満を膨らませたり、嫉妬したり、その不安でココロが窮屈になったり、

返信がないのに、しつこく頻繁に連絡したりするのは、

本当の「愛」ではなく、相手に「執着」している可能性があります。

恋に恋しちゃってる状態では、冷静に判断できなくなるばかりか、

いつのまにか依存状態になり、「彼なしでは生きていけない」と思うようになります。



【健康は、いつもKEEPしていたいあなたに】



ここで恋愛の理想論をいってしまうのは簡単ですが、

相手の行動に依存せず、彼の反応や態度にあまりくよくよせず、

わたしと過ごす時間以外に自由を与え、適度に束縛をし、お互い居心地の良い関係を築く。

「わたしは、いつもの生活でとても幸せ。

そこにあなたがいたら、もっと幸せ。」

くらいのモチベーションだったら、恋愛がとてもうまくいきそうな気がしますよね。

やきもちや嫉妬による束縛は、適度な距離感があるからこそ成り立つもの。

どちらかがその距離を詰めすぎたりすれば、相手は距離をとろうと行動してしまいます。



【不安やストレスで自律神経が乱れていませんか?身体の冷えは万病のもとです】




前回、お伝えしたように、彼があなたから距離をとりはじめたら、

「なにもしない」「連絡を一切しない」ことで対処できます。

ただし、「待つ」のではありません。

日本人は、たとえ未曽有の災害があっても、支援物資の配給があるときには、

一列に並んで、ほぼ暴動がおきない人種だと、世界各国から高い評価を得ています。

しかし、「待つ」のはやっぱり不安で、苦手という人が多いのではないでしょうか?

これまで自分でもコントロールできないくらい散々悩んで、

相手のことを気にかけて、追いかけてきたわけですから、

簡単に、「こちらから距離をおくこと」には、抵抗があると思います。




ただ、ここであなたがどんなに考えていても、迷っていても相手を変えることはできません。

「わたしが彼を変える」ってのは、単なるエゴです。

あなたの指示や命令どおりに従う男性のことを、ココロから好きになれますか?

また、どんな手段をつかっても相手を変えることはできません。

変えられるのは、「自分だけ」です。



【毎日の気分にあわせて、おいしいごはん】



強迫という手段を使ったり、彼の恐怖心をあおってまで、彼と繋がろうとしてはいけません。

彼と繋がるのは、もう少しあとに回しましょう。

いまは、「自分」というかけがえのない存在を最優先にします。

自分で、自分を愛すのです。自己嫌悪罪悪感が迫ってきても、

ひたすら自分を癒してあげてください。


いまは、とても自信がない状態かもしれませんから、

焦らず、ゆっくりでいいので「執着」を手放していきましょう。


【安全な食品は、あなたのカラダもココロも健やかにしてくれる】




ところで、みなさんは、嫌なことがあったときに、なにをして解消しますか?


友達や親友に愚痴る。

カラオケで大声を出して発散する。

ヨガやジム、スポーツやジョギングで、汗を流す。

大好物や美味しいものをたくさん食べる。

好きな音楽や好きな映画、好きな漫画に没頭する。

占いやパワースポットで、験(ゲン)担ぎをする。

岩盤浴やエステ、マッサージでデトックスする。

お酒を飲んで、気の置けない仲間とわいわい騒ぐ。

風に吹かれて旅に出ちゃう。

南の島の海をぼーっと眺めちゃう。



わたしは、(走ること以外)全部好きですね。

とにかく「自分が癒されるなぁ」「好きだなぁ」と思うことを

たくさんやってみます。

無理はしないで、あくまでも、自分の気分にあわせて行動します。

ときどき、急に彼のことを思い出すかもしれませんが、

それでも「自分が楽しい」と思えることだけを続けてみてください。


「でも、やっぱり彼のことを考えたい・・・」と思ってしまえば、

つらい感情が同じところをぐるぐる回りつづけてしまいます。

永遠にループする負の感情から、まずは、一歩外に出てみましょう。


簡単に記憶から消すことは困難ですし、無理に彼のことを忘れる必要はありませんが、

「連絡をしない」という選択肢を選んだのですから、自分を信じてみましょう。

ただ何もしないで「待つ」という状態は、いろんな思考が湧いてきますし、

まるで修行のようで辛いので、「彼」という存在をいったん忘れるように、

「連絡をしない」=「ほかのことに集中する」ことが本来の目的になります。



【映画もドラマもお笑いも、すべてお家で楽しめます!】


【癒してくれるのは、甘い食べ物。糖質を気にせず楽しめるとっておきの宅配便】


【おうちで肌のお手入れが簡単に!忙しい女性の味方】

【断捨離もとってもいいデトックスになります】


【女同士で旅行って、めちゃくちゃテンションがあがる!】




感情は、一度決めたことでも、

「これでいいのかな?」

「でも、やっぱりがんばってみよう!」の思考回路を行ったり来たりします。

何度も同じような思考や感情にとらわれて、「納得妥協」「我慢あきらめ等々

自分の中で反芻する過程で、たくさん葛藤が生まれると思います。




「時間が解決してくれる」というのは、誰かを慰めるときの常套句として使われますが、

あながち間違ってはいないと思います。



例えば、もうとっくに忘れていたような過去の恋愛エピソードを思い出してください。

思い出すのは、恋愛以外でもOKです。

その中から、ネガティブな出来事を抽出します。


「嫌な思い出」でも、いつの間にか忘れていることって、実は、たくさんあるんです。

トラウマだったり、ひどく傷ついたりして、完全には忘れていなくても、

「まぁ、そんなこともあったよね。いまじゃ笑い話だけど。」

「あんなこともあったな・・・嫌な奴だったなぁ・・・別れて良かったかも」


「当時はすごく悩んでいたはずなのに、いまは、それほどでもない。」という感覚が大事です。

嫌だなと思える体験の時から今日まで、あなたは過去の経験を乗り越えて、成長し、

「いま」という人生の素敵な舞台に立っているわけですから。

このような「成功体験」は、あなたの力を後押ししてくれます。

「成功体験」は、あなたの味方ですので、

「困難を乗り越えることができたエピソード」をたくさん思い出し、

それを積み重ねて、糧にしていきましょう。


もしも、エピソードを思い出した際に、当時と同じ強い嫌悪感が、

まだ存在していた場合は、「負の感情」に執着している場合もあるので、

カウンセリングやセラピー等に頼って「手放し」することをお勧めします。

(↓まだまだ、続くよ↓)

【流行りのホットヨガで、ココロも温めましょう】

【カラダもココロも柔軟でいたい女性のためのヨガ体験】

【旅は、あなたの価値観を変えるきっかけになります】


【美味しいもの=多幸感。これは、間違いありません】




好きなことを続けた結果、少し余裕ができたあなたは、

「オンナ磨き」のステージに進みます。

「あんな男、見返してやるんだ!今に見てろよ~」

「すごく綺麗になってやる!絶対に後悔させてやる~!」

ここまでたどり着くのに、結構な時間を要したかもしれませんが、

これからは「あなただけの自由時間」に加えて、「オンナ磨き」に勤しみましょう。

このステージで、少し疲れたり、無理しているなと感じたら、

「楽しく癒しの時間を過ごす」最初のステップに戻ればOKです。


資格を取得したり、エステやダイエットでカラダづくりをしたり、

美容院で髪形を変えてイメチェンしたり。

料理の腕をあげたり、裁縫やお掃除など家事に力を入れたりするのも、いいですね。

彼のためでもなんでもありません。自分磨きは、あくまでも自分のためですよ。


【いっそのことヨガの「いろは」も学んで、あなたのスキルまで高めることもできます】

【PC音痴だなんて、もう言わせない!】

【歌って発散!大好きな歌を存分に楽しもう♪】

【語学習得って、なにかのきっかけが大事なんですよね】



一度しかない人生ですから「自分磨き」をする時間も限られています。

いまは、彼に対して「なにもしない」わけですし、

あなたは、そもそも「自由」なのですから、

自分にとって大好きなことをたくさん続けてください。

好きなことをしているあなたを、誰も責める権利なんてないのですから。

自分が認めた「好きなこと」「好きな時間」をたくさん味わってください。




これらの「わたし時間」を過ごしている間に、

もしかすると彼から連絡があるかもしれません。

では、彼から連絡があったとき、あなたはどう対処するのが良いのでしょうか?

もし、その逆で、まったく連絡がこなかったら?

「彼から連絡がきたとき」については、次回のテーマでお伝えいたします。



【香りは、記憶のお守りです。甦れ、素敵な、あなた。】






最後に。

人間のすべての言動は、「感情」が動かしているんです。

自分の意志で決めたからこそ、納得のできる行動につながります。

あなたが、自分で「連絡をしない」を決断し、

美しい女性になるために、愉しい時間を過ごすことを選択しました。

それは、ほかの誰が決めたわけでもなく、あなたの内側からのモチベーションなので、

この先の絶対的な自信に繋がります。

そして、あなたのココロに余裕ができたときにはじめて、

今度は、彼の内側からのポテンシャルを高めるように、あなたが行動すればよいのです。


【店頭までいかなくても、自宅でDVDやCDを借りれるって知ってました??】


【カラダは水でできている。だから、水も選ぶ時代。】


【自宅のネット環境を整えるなら、こちら↓】

posted by らずもネェ at 00:00| 恋愛テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする